きもちいい、住まい。 e.e.home 熊本県中部・北部対応

menu

謝罪の王様

映画に同じ名前のものがあるが観てません。予告編から察すると小さい問題から大きい問題にいたるまで謝罪で乗り切ろうというものらしい。世の中の風潮にも、すぐ、すみませんを連発して口癖のようになってる人もいれば、すみませんと言えば自分が悪かったと認めてしまうことになるので、すみませんでしたとは言わないという人もいます。また、反省だけならサルでもできるという言葉もあります。安倍首相が侵略と謝罪を使わないことにこだわっているのには、それを言うと日本の誇りを取り戻せないと思っている節がありますね。ただ、私の経験からいうと理屈をこねくり回すより大きな視点から、悪かったすまんかった、ごめん。と言ったほうが優位に立てるし、相手にも言いたいことを言えるようになるものです。角つきあわせていては相手の心を溶かすことは難しいでしょう。


リフォームについて、まずはなんでもご相談!

小さな工事から新築まで、まずはなんでもご相談!